イクラ

09.18

1年ぶりに「イクラの醤油漬け」を作った。8月の末にスーパーの店頭に「生筋子」が並び始めたので、「そろそろ、イクラのシーズンだな。」と思い、1~2週ほど並んでいる「生筋子」の出来を見ていた。が、なかなか粒の大きい物が出ていない。店員に聞くと「そのうちに大きい物が出てきますよ。」と言う。イクラは粒の小さい物で作っても見栄えがしないし、食感も良くない。だから毎年出来るだけ粒の大きい生筋子を探している。良い物が揃っていると評判の鮮魚店にも行ったが、まだ少し粒が小さかった。「大きい粒の筋子が入ったら知らせてよ。」と頼んでおいた。次の週末に連絡があり、鮮魚店に行くと、少しマシな筋子が入っていたので早速作ってみた。昨年までは、自分で粒をばらしていたのだが、店の方でやってくれると言うので、今年は味付けだけしてみた。母が昔やっていた味付けを見よう見まねで覚えたのだが、酒と醤油の基本的な味付けよりも、醤油を麺つゆなどの「だし醤油」に替えた方が風味が出る様な気がして、今はだし醤油と日本酒で漬けている。だし醤油を「かつおだし」や「白だし」に替えれば、それぞれ違った風味が楽しめるだろう。和食やすし店などで食べる「イクラ」は味付けが物足りないので、「これは、美味い!」と思う物に出会った事がない。「イクラ」は自分で作って楽しむのが一番じゃないかな?--と勝手に考えている。

今年は、都合 三回作ってみた。やはり旬は9月の中旬から下旬にかけてなのか、最近になって 粒の大きな生筋子が出揃って来た様だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る