FM初出演

09.11

8月23日、9月23日のROUTE14バンドのライブ紹介の為、地元旭川の放送局 FMリベールに出演した。対談形式でお相手は奥山コーシンさんというDJの方。元STVで深夜放送のDJを担当し、現在は東京在住で放送作家をされているらしい。リベールの担当者から「雑談みたいな内容で、構わないですよ。」と事前に言われていたものの、一応前日にROUTE14バンドの経歴については、ネットで調べてみた。今まではあまりよく知らなかったのだが、調べてみると海外での活躍が光っているバンドなのである。コーシンさんが私にバンドに関する質問をし、私が答える。31日に放送された番組を自分で聞いてみると、最初は口の開け方が不十分だった様だ。籠った様な発音になっていた。少しは緊張していたのだろう。時々、「ボーッ、ボーッ」という音が聞こえる。マイクに息が当たっている音だ。マイクがとても小さかったので、近づきすぎて息が当たっしまった。やはり、ラジオ出演なんて初めてだから、要領が判らない。

コーシンさんの質問の仕方が巧みなせいか、それ程緊張せずに終始話し続けられた。バンドでボーカルを担当するようになったり、コミュニケーションの勉強やトレーニングを続けてきた事が、ようやく実を結んできたのだろうか?ともかくFM放送で歌っているわけではないから、それほど緊張はしない。放送を聞いていた友人たちも「よく話せていたよ!」と喜んでくれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る