携帯の使い方

08.08

携帯の使い方をいつも注意されている。要するにあまり電源を入れていないからだ。私に連絡を取ろうとすると、繋がらない時が多い。週末以外はあまり電源を入れない。というのも、平日は仕事が終わればジムに行っているか、歌の練習をしているか、だからである。ジムに行ってマシンで負荷を掛けて懸命に歩いている最中に、携帯で会話なんて出来ない。いっぺんに呼吸が乱れてしまう。歌い難い歌を、必死で歌いこなそうと声を出している時に、携帯で会話なんて出来る訳が無い。だから私が携帯の電源を入れているのは、よほど暇で何もすることが無く、心に余裕がある時に限られる。最近も友人から携帯に連絡があったが、出られなかった。丁度レセプトを書いていて、携帯の電源を入れていなかったからだ。後からその友人に「おまえ、いつも携帯のスイッチ入れてないな!ちゃんと入れておけよ!」と言われた。しかし、レセプト書きの最中にも携帯で話す余裕は無いだろう。仕事中なんだから!

大抵は、こちらの都合なんか考えずに、相手の気が向く儘にかけてくる。相手の仕事、生活やプライバシーがある事も考えなければーー。人は自分の思いどうりに動かないーーという言葉は、携帯で呼び出す前にも思い出しておくべきじゃないだろうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る