屋根雪が落ちた

03.17

今日とうとう屋根雪が落ちた。落ちた雪はまた駐車場のフェンスを曲げたけれど、フェンスが壊れるところまでは行ってない。ここ2年間は屋根から融けて落ちる雪の為に、古い母屋の煙突が倒れたり、駐車場のフェンスが壊れたりと散々な目に遭ってきた。火災保険も2年続けて保険金が下りたので、「今年からは出せません!」と保険会社に言われている。そこで今年は早めに業者に頼んで屋根の雪下ろしをしてもらっていた。その為に大した被害も受けずに済んだのだ。スタッフの車もフェンスから1台以上、間隔を空けて駐車するように言って置いたので、全く被害に遭わなかった。やはり、準備はしておくものである。

以前は降雪量が少なかったので、屋根雪が落ちても駐車場が被害に遭う事もなかったのだが、近年湿度が高くなり、降雪量が増えたため我が家だけでなく、日本全体で雪や雨による被害が相次いでいる。今ある母屋は誰も使っていない家屋なので、その為に被害に遭っているのは全くの無駄といってよいのかも知れない。相続した土地、家屋について、考えなければならない時期に来ている。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る