美味いコーヒー

09.20

街中で喫茶店に入ってコーヒーを飲む事はよくあるけれど、美味いコーヒーに出会う事は殆ど無い。いま私が自宅で好んで飲むのは、札幌のコーヒー店から送ってもらう物を使っている。その店では焙煎の仕方が、浅煎り、中煎り、深煎りの3種類あり、すべて味わいが違う。浅煎りは苦味を感じないで、コーヒー豆本来の味が出ている。一般の喫茶店やカフェでは焙煎が強すぎる、つまり焦がし過ぎた豆を使っている。だから苦すぎて、豆本来の味を感じない。砂糖とミルクを入れないと、とても飲めたものじゃない。この札幌の店には、アメリカンというメニューが無い。浅煎りがあるからアメリカンというコーヒーは必要がないのだ。この店のコーヒーを飲むと「コーヒーは苦い物」というイメージは変わってくる。

111115_kyl_1231735_l

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る